HOME売却について売却の流れ【不動産売買契約】
売却の流れ
  • 売却のご検討・ご相談
  • 調査・査定
  • 媒介契約
  • ご売却のための販売活動
  • 不動産売買契約
  • 引渡前準備/残代金決済・引渡
不動産売買契約
【1】 契約までの流れ

お客様からの購入の意思表示は書面にて頂きます。その際に、購入希望金額、代金の支払方法、引渡の時期、付帯設備等の諸条件が提示されます。

購入希望者との調整は、担当者が行います。諸条件の調整が整い、双方が合意の後、不動産売買契約を締結します。

契約までの流れ
【2】 重要事項説明

不動産売買契約締結に先立ち、不動産仲介会社より購入希望者(買主)へ重要事項説明を行います。

お客様が所有されている不動産の状況や、お渡しすべき付帯設備の状況、法令上の制限等、後々の誤解や、トラブルを防止するためにも、十分なご理解のうえ、不動産売買契約に望んで頂きます。

重要事項説明
【3】 不動産売買契約

売買契約が成立すれば、売主様には所有権移転、引渡しなどの義務が発生し、買主様には売買代金の支払い義務が発生します。

この義務を怠って契約が解除になると、手付金の放棄や違約金の支払い等が必要になる場合があるので、明確な取り決めを十分納得・理解の上、契約をすることが大切です。

不動産売買契約
【4】 不動産売買契約に必要なもの

1.登記識別情報(権利証)
2.印鑑
3.印紙代(売買契約書に貼付します。売買代金により異なります。)
4.本人確認書類(運転免許証・パスポート等)

詳しくは担当者にお尋ね下さい。

不動産売買契約に必要なもの
次のステップへ
ご売却査定・ご相談