HOME売却について不動産売却Q&A
不動産売却Q&A
不動産ご売却にまつわる、よくあるご質問や疑問をまとめました。
  • もちろんお受けさせて頂いております。
    弊社では、相続等により久留米市内及び近隣市町村の物件を取得された方の売却相談も多数お受けしております。
  • 特別な手続きは必要ございませんが、共有の場合は共有者全員が売却に同意している必要があります。
    登記委任状や契約書などへの署名・押印は原則としてすべての共有者が行います。
    実印・印鑑証明書などもそれぞれご用意いただく必要がございます。
  • 売却は出来ますが、内覧をせずに購入されるお客様はほとんどいらっしゃいませんので、居住中であってもご案内はさせて頂くことになります。
    なお、ご案内の際は事前に日時の調整をさせて頂きます。
    お引渡しの時期については、売主様、買主様のご希望をお伺いして調整させて頂きます。
  • 居住中より空室の方が売りやすいのは確かです。しかし、必ずしもそうとは限りません。
    場合によっては居住中の方が生活スペースが分かりやすく売りやすい場合もあります。
  • 買換えは売却を先に行う「売却先行」と購入を先に行う「購入先行」があります。
    それぞれにメリット・デメリットがございますので、理解した上でお買換えプランを検討することが重要です。
    納得のいく売却・購入をするためにも弊社にご相談下さい。
    お客様の状況を判断のうえ、最適なお買換えスケジュールをご提案致します。
  • 可能です。今の賃貸借契約を引き継ぐことを条件に投資用物件として販売させて頂きます。

  • 住宅ローンが残っていても売却は可能です。ただし、売却額で住宅ローンが完済できない時は、売却が出来ない場合もございます。
    この場合、自己資金を充当する事によって売却が可能になります。
  • お客様がお支払い頂く必要はございません。
    新聞折込み広告や不動産情報誌、インターネット不動産ポータルサイトなどの広告掲載料は全て弊社の負担となりますので、お客様からは頂戴しておりません。
    ただし、お客様のご要望により特別な広告を実施する場合等は、実費をご負担いただく場合もございます。
    その際は、予め担当者からご説明させて頂きますのでご安心下さい。
  • もちろん可能です。その場合は近隣へのチラシ広告などを行なわずに、購入を希望しているお客様の中から、条件の合う方にご紹介するなどのサポートを行ないます。
    また、インターネットでの広告は、興味のある方が見る媒体ですので、ご近所の方に知られにくいという特徴があります。インターネット広告を重視した販売活動を行なう等の、お客様のご事情に合わせた売却活動をさせて頂きますので担当者にご相談下さい。
  • 必ずしも査定価格である必要はありません。
    しかし、お客様にご提示した査定価格は不動産のプロとして客観的に物件を評価し、周辺の相場や長年蓄えたノウハウをもとに「この価格なら売れるだろう」と思われる適正価格を算出したものです。
    査定価格を大きく上回る金額で売却活動をはじめると、長い期間売れず、売れ残りのイメージがついてしまい、結局査定よりも低い金額でしか売れなかったというケースもございます。
    売りに出される金額は、弊社の担当者とよく相談して決定されることをおすすめします。
  • ご来店頂いたお客様及び弊社登録顧客へのご紹介、近隣地域への新聞折込チラシ配布、ポスティングチラシ配布、雑誌やインターネットへの掲載、オープンハウスの開催等を実施しよりスピーディーに買主様をお探し致します。
  • 権利証を紛失してしまった場合、司法書士に依頼して権利書に変わる書類を作成する必要がございます。
    その場合の費用はお客様のご負担になります。
    こまかな手続きが必要となりますので、予め弊社にご相談下さい。
    担当者がすべてサポートさせて頂きます。
  • 売却費用として「仲介手数料」や「契約印紙代」が掛かります。場合によって「抵当権抹消費用等」や「測量費用」「解体費用」が掛かる事もございます。
    また、売却によって利益が出ると 「譲渡所得税」「住民税」が掛かります。
  • 一般的には、リフォームの必要はありません。ただし、リフォームを行いお客様への印象を良くすることで早期の売却が実現することもありますので、弊社の担当者にご相談下さい。